『オール電化住宅』ってメリットあるの?デメリットは?なんだか今時っぽくて憧れますね

住宅設備も自分のライフスタイルを考えて取り入れよう

賃貸、購入、それぞれ居住用の物件を探しているとさまざまな情報が書かれていますが、最近増えているのが「オール電化住宅」です。
どういったものかというと、すべてのエネルギーを電気で賄う物件のことで、料理用のガスレンジのガスだけでなく、給湯用のガスもすべて電気になっているもので、お風呂のお湯や水道のお湯などもすべて電気で湯沸かしをします。
現在は家庭用のエネルギーとしては、電気以外にプロパンガス、都市ガスなどのガスと、石油ボイラーなどが利用されています。

また最近では太陽光発電を取り入れる家庭も増えています。
プロパンガスに関しては、業者が自由に料金を設定できるため、設定料金が高い会社もありたびたび問題になっています。

賃貸物件の場合はほとんど大家や不動産会社の方で業者を選定しますが、入居者がどこのガス会社を使うのかを知るのは、ほとんどが契約の後です。
そのためその物件が高い業者を使っていたとしても、入居契約の後でそれを知ることになるので、この点がデメリットであり注意が必要です。

原子力発電を利用して電気料金が安めに設定されていたり、時間帯による割引などでお得に電気を利用できる地域では、オール電化の住宅はメリットが大きいです。
逆に沖縄など一部の地域では、発電方法が石炭発電のため、もともと電気料金が高く、オール電化だと割高になるなどのデメリットが大きい可能性もあります。

オール電化住宅を選ぶ際には、まずはその地域の電力会社のホームページなどを調べて、電気料金や割引プランなどについて調べてみてください。
夜間の電気代が安かったり、契約のアンペアを変えられたりと、電気代をよりお得に使う方法があるかどうか確かめてみてください。
また太陽光発電の住宅では、作った電力を自分の家で利用できるため、メリットが大きいです。

自宅の電気をすべて賄えるだけでなく、売電という形で電力会社に電気を売ることもできます。
もともとオール電化という考え方は、石油や石炭などの資源が今後数十年から数百年の間になくなることが予想され、更に石油や石炭などを使った発電方法では、二酸化炭素を多く排出し、地球が温暖化していくという予測に対して、原子力や自然エネルギーの利用を増大させていくために考えられました。
化石燃料への依存から脱して、地球温暖化を食い止めるために、原子力発電や自然エネルギーへとシフトしていく中で、オール電化住宅はひとつひとつの家庭からできる温暖化対策としてメリットが大きく注目されています。

しかし昨今の事例を見ても原子力発電にはさまざまな課題があり、かといって自然エネルギーの本格的な実用化にも乗り越えるべきハードルがいくつもあります。
このようなデメリットがある中でも、さまざまな研究が進められ、実用化されています。

例えば電気自動車も普及を始めました。
スマートグリッドという電力網も実用化に向かっています。
送電の調整や効率的な労働が可能になり、スマートグリッドが普及された場合、電気の無駄が大幅に削減されます。
また消費者にとっても、電力の使用量や電気代が一目でわかるようになり、使い過ぎたら調整したり、夜間電力などの安い時間帯に切り替えたりと、生活の中で工夫できるメリットは大きいでしょう。

現在ではオール電化住宅はまだ数が少ないですが、今後徐々に増えていくことも視野に入れながら、自分にとって良い物件選び、エネルギーの選択をしていきたいものです。
まずは自分が利用しているエネルギーはどこから来ているのかを考えたり、どのように工夫して使うことができるかなどを考えてみるのもいいことです。
日頃のちょっとした心がけひとつで、無駄な電気の使用を避けたり、効率的に電気を使ったりできるということを頭の片隅に入れて生活したいですね。